八尾美術展

八尾美術展は、市民の美術活動の場として、豊かな地域の形成と文化の振興に寄与することを目的に、昭和35年の八尾市立労働会館の落成記念に、第1回八尾美術協会展として始まる。翌年の第2回展より公募展として、働く人の美術展を併催。以後、毎年開催。昭和57年第23回展より、「八尾美術展」と展覧会名を改称。平成6年に八尾市生涯学習センター「かがやき」のオープニング事業として第35回記念八尾美術展を開催し、40周年記念、50周年記念を経て、審査体制を充実し、府下でも屈指の美術展に成長。令和元年7月には、60周年記念が開かれる。現在は、絵画(洋画・日本画・水彩画)、陶芸、立体造形、児童画の総合的な美術展として、毎年7月初旬に6日間開催している。主催は八尾美術開催実行委員会。

八尾美術展画像ギャラリー

現在準備中です

施設を予約する


空き状況照会・施設予約はこちら

 

八尾市生涯学習センターとは

河内音頭のふるさと八尾。新たな創造、発展をしながら、地域に人々が集い、文化を守り伝え、歴史や自然とともに歩んできた町です。 その豊かな歴史や文化を次世代を担う子どもたちへと継承をしていく。 そして、誰もがいつでもどこでも生涯にわたって学び、健やかな心と身体を育むことができる場として八尾市生涯学習センター「かがやき」があります。


指定管理者事業方針:誰もが生涯を通して、生き生きと暮らすことができ、八尾市の歴史や文化の次世代につなぐため、地域連携・地域活性の発信拠点となる魅力あるセンター運営

講座新着情報

  1. 金曜旅行英会話講座風景
  2. こども茶道講座風景

おすすめの運動プログラム

  1. エアロ系画像
  2. ダンス系画像

関連リンク

PAGE TOP